健康コラム
実はすごい!唾液力
唾液は耳下腺(じかせん)、顎下腺(がっかせん)、舌下腺(ぜっかせん)の3か所から分泌され、健康な人だと1日に1~1.5Lの唾液が分泌されています。
唾液の約99.5%は水分、残りの約0.5%は各種酵素、電解質で構成されていて私たちが健康な生活を送るために欠かせない役割を果たしています。
唾液の働き
唾液には、消化を助けたり、初期の虫歯を修復してくれたり、たくさんの機能・役割があります。
唾液の働き
唾液の働き
消化作用
唾液中のβアミラーゼという酵素成分はでんぷんを分解する作用がある消化液の一種です。食べ物を噛めば噛むほど、唾液はたくさん出され消化時の胃腸の負担を軽減することが出来ます。
洗浄作用
食べかすや汚れを洗い流し口の中をきれいにする作用があります。
保護作用
口の中は、軟らかい部分の舌や頬、唇と、硬い歯が共存しています。唾液には、軟らかい部分の動きを滑らかにする潤滑剤の作用があり、硬い歯がこすれて傷を付けるのを防いでくれています。
再石灰化作用
唾液には虫歯を防ぐ働きがあります。唾液に含まれるカルシウムやリン酸といったさまざまな無機物成分がむし歯の前段階である、歯の表面が白くなった状態を元の状態に戻そうとしてくれる作用を再石灰化作用といいます。
抗菌・免疫作用
唾液には抗菌作用を持つ成分が含まれています。これにより、お口を通して細菌がからだの中に侵入することを防いでくれています。
緩衝作用
飲食後は口の中が酸性になり、むし歯になりやすくなります。唾液には、酸性に傾いた口の中を中性に戻す作用があります。
排出作用
毒素や異物が口に入ってきたとき、唾液がまとわりつくことでからだを守り、排出しやすくします。
唾液が減少すると…
何らかの原因で唾液の分泌量が減少すると、唾液の持つさまざまな効果が得られません。そのため、食べ物が飲み込みにくくなる、口の中がネバネバする、口が動かしにくくなる、味覚がおかしくなる、口の中での消化が弱くなり内臓に負担をかける、といったさまざまな症状が出てきます。また、虫歯や歯周病に罹りやすくなり、口臭が強くなる原因にもなります。
唾液を増やすためにできることとは
些細なことで唾液の分泌量は減りますが、ちょっとした注意で量を増やすこともできます。以下のように日常生活の中でできる工夫を意識して行うことで、唾液の分泌を正常化させましょう。

よく噛む(刺激で唾液の分泌を促す)
水分補給(唾液に必要な水分を得る)
口呼吸ではなく鼻呼吸を意識する(口内乾燥を防ぐ)
お酒やたばこを控える(刺激を減らす)
唾液腺マッサージ(唾液の分泌を促す)
食べ物をしっかりと噛み、唾液が出しやすくなるマッサージをするなどして、唾液がしっかり出るようにし、健康な生活を送るようにしましょう。