健康コラム
夏の快眠対策
まだまだ暑い日が続きますが、きちんと眠れていますか?
睡眠不足だと夏バテしやすくなり、日中の集中力も低下しがちになります。
夏の健康には快眠が欠かせません。
暑さで寝苦しい夜は睡眠環境を整えることが大切です。
【対策1】窓を開けて換気をしましょう
帰宅したらまず、窓を開けて室内にこもった湿気を逃がすことからスタートしましょう。湿気はベッド周りやクローゼットに滞留しやすいので開け放したほうが効果的です。換気をせずにいきなりクーラーをつけると、こもった熱気や湿気で寝ている間に目が覚めてしまうこともあるので、換気作業は必ず行いましょう。
【対策2】換気を終了したら部屋を冷やし始めましょう
室内の湿気を飛ばしたら、クーラーをつけましょう。温度26~28度、湿度50~60%を目安にしましょう。快眠に重要なのが『空気の循環』です。
扇風機やサーキュレーターなどを壁に向け、直接風に当たらないことが心地よい眠りにつながります。寝苦しさで目が覚めてしまう原因は温度よりも湿度にあることが多いので、エアコンはドライモードがおすすめです。
『快適温度』よりも『快適湿度』をキープすることを心がけましょう。

【対策3】消化の良い食事を心がける
夏は冷たいものの食べ過ぎなどで胃腸の働きが弱りがちになります。
夕食時に消化の良いものを食べて、できるだけ胃腸に負担をかけないようにすれば、心地よく眠ることができます。
【対策4】お風呂で湯船につかりましょう
お風呂は38~40度のぬるめの湯船で、体を温めましょう。
人は体温が上がり、クールダウンした時に眠気がやってきます。
そのため、湯船にきちんと浸かり、身体の体温をいったんグッと上げておくことが、その後の寝つきを良くしてくれます。

【対策5】照明を落とすことで、睡眠ホルモンの分泌を促進
お風呂上りには照明はダウンライトに切り替え、身体を休ませる準備へと入って行きましょう。スマホ操作は朝対応する事に決めて、思い切って電源をオフにしましょう。
~夏の快眠対策に便利な安眠アイテム~

寝苦しい夜も、お気に入りの快眠アイテムを見つけて、
ぐっすりと寝る空間作りをしてみましょう。

★麻素材・・・
通気性が良く、軽い着心地のため、さらっと眠れます。シーツやパジャマを麻素材に変えましょう。
★抱き枕・・・
体圧が分散され、身体と寝具の間に空気の流れを作り、湿気や体温が寝具にこもるのを防ぎます。
★塩まくら・・・
頭部の熱をとることで脳を落ち着かせ、眠りに入りやすくしてくれます。
★冷却敷きパット・・・
背中のムレを解消し温度を下げてくれるため、寝苦しさを軽減します。
★音楽を聴く・・・
水のせせらぎや雨の音など単調で一定のリズムを刻む音源は脳に心地よい刺激を与えます。
快適な睡眠環境を整えて、夏バテとは無縁の夏を過ごしましょう!